事業案内

Our Services

不動産鑑定士業務

不動産鑑定士の業務としては、鑑定評価業務及びコンサルティング業務に大きく分類できます。

(1) 鑑定評価業務

① 公的評価

国や都道府県が土地の適正な価格を一般に公表するための、地価公示制度や地価調査の制度をはじめとして、 公共用地の買収評価、課税目的のための評価としての相続税路線価評価・固定資産税評価、裁判上の評価を 行っています。政府は、土地基本法等を踏まえて、これらの公的土地評価に対する国民の信頼を確保すると ともに、適正な地価の形成と課税の適正化を図るために関係省庁でそれらの均衡化・適正化を推進しており、 不動産鑑定評価は、これらの公的土地評価の均衡化・適正化のために多くの貢献をしています。

② 民間評価

企業や個人から依頼を受け、売買の参考としての鑑定評価、株式会社へ不動産を現物出資する際の鑑定評価、 減損会計における評価、抵当権設定のための鑑定評価、抵当証券発行のための鑑定評価、不動産の証券化に係 る鑑定評価、会社合併時における資産評価、地代や家賃の更新・改定時の係争における評価、相続発生時にお ける資産価値の評価などを行います。

コンサルティング業務

鑑定評価で培った豊富な経験と知識を活かし、不動産のエキスパートとして広く個人や企業を対象に、 不動産の最も有効な活用方法や相続税のアドバイス、土地の開発計画のカウンセリングなども行っています。

価格 実勢価格、担保評価、相続税評価、固定資産税評価

賃料 地代や家賃

法律問題 借地や借家問題、相続、建築や私道問題

税金問題 不動産に係る税金

取引に関する問題 不動産売買、不動産広告、手数料

各資格業の業務領域は法律で定められておりますが、その中で、不動産鑑定士は、不動産に関してあらゆる分野に精通する不動産相談の窓口と言えます。なので、不動産に関することで悩んだら、まず、不動産鑑定士にご相談されることが解決の一歩です。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、国家試験に合格し、不動産の鑑定評価に関する法律によりその地位を付与された不動産の価格及び不動産の適正な利用についての専門家です。

不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断します。

不動産の鑑定評価とは

専門的には、不動産の鑑定評価とは、国家資格を有する不動産鑑定士等が不動産の価値を判定し、その価格や賃料を表示することを言います。

評価できるものはどんなこと?

・不動産の価格
・不動産の賃料、地代
・借地関係の承諾料や一時金、名義書換料など

不動産に関する問題

不動産に関する問題にはどんなものがあるの?

価格 実勢価格、担保評価、相続税評価、固定資産税評価
賃料 地代や家賃
法律問題(会社間親族相隣関係、離婚調停争訟、損害賠償額価格算定¥等) 借地や借家問題、相続、建築や私道問題
税金問題 不動産に係る税金 買手¥不動産取得税ほか 売手¥譲渡所得ほか
取引に関する問題 不動産売買、不動産広告、手数料 

各資格業の業務領域は法律で定められておりますが、その中で、不動産鑑定士は、不動産に関してあらゆる分野に精通する不動産相談の窓口と言えます。不動産に関することで悩んだら、まず、不動産鑑定士にご相談。

Strategy & Planning

Start Today 一緒に始めましょう!

On the other hand, we  start today まず自分の会社や資産に何が必要なのかを明確化し、その意識の共有を社内や親族全体で徹底する必要があります。事前のリスク察知など

Consultancy Business コンサルタント

On the other hand, we denounce with righteous indignation 特に専門的なテクノロジーや法律などに関しては、お客様がその分野についてマスターするということは現実的ではありません。

Great Choice expert center   専門家選択

On the other hand, we denounce with righteous indignation そういった分野に関してはやはり専門的な知識を持ったコンサルタントをつけることでサポートをしてもらうということが必要となります。リスクの回避など

Codeless Builder

On the other hand, we denounce with righteous indignation 外部から知識やノウハウなどを直接移入させることができる。 客観性の担保、およびそれによる説得力の補強など 

Earn More

On the other hand, we could find Happiness in Your Life 人材を社員として雇用契約を結ぶよりも職人や経営コンサルタント等に依頼をするほうがコストパフォーマンスという点で優れているといった場合も少なくないのです。「blue オーシャン」を見つけることが非常に重要です。

Nankai-kanteicenter Co., Ltd. established in 1995, specializes in estate consulting and  power engineering . Since its foundation, the Company has adhered to a policy of contributing to society through technology. The world is full of people who desire better living standards. The Nankai-kanteicenter Co., Ltd Group will remain committed to acting with integrity as it contributes to national and regional social development all over the world.

知識や人事交流による感謝。In addition, offers these seminars countrywide at various locations suitable to the client.

人種や文化を問わず、社会や人の役に立つサービスを目指して!

Interactively a staff initiatives before high-payoff relationships.  Restore superior interfaces before flexible technology. Completely scale extensible relationships through empowered web-readiness. Enthusiastically actualize  superior services.

What’s Next

○現在,高齢化率は27.7%を超えている。○平成77(2065)年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上(内閣府調査)

  • • 我が国 Japanの総人口は、平成29(2017)年10月1日現在、1億2,671万人

  • • 65歳以上人口は、3,515万人。

  • • At Asian countries 韓国、シンガポール、中国など 我が国を上回るスピードで高齢化
  • • 総人口が減少するなかで、高齢化率は上昇

Data over years